娘が整形したいと言ったら・・・許容できる範囲の整形、できない整形

娘が整形したいと言ったら許容できる範囲の整形とできない整形って誰でもありますよね。
実際にプチ整形程度なら許すことが出来ますが、メスを入れる方法で整形をするとなれば、反対しますよね。
私の娘は、おく二重なので、二重にしたいと言っているので、二重術(埋没法)は許せます。いろいろと調べてみると、わずか10分で終了するアイプチ感覚で行うことが出来る二重術がいいなと思っています。極細の医療用糸をまぶたの中に数か所埋め込む程度なので、いいかなと思っています。
また、将来はヒアルロン酸やボツリヌストキシンの注入程度は良いと思っています。若返りリフトアップなども、顔を切ることなく効果を期待する事が出来る方法があるので、年齢を重ねてシワなどが気になる場合には、仕方ないと思っています。
実際に、自分の顔に自信があるわけでなく、娘の気持ちも理解することが出来ますが、テレビなどで、メスを使った手術をよく目にしますが、リスクを伴ってしまうという点で整形は進めることが出来ないというのが私の考えです。
自分もそれなりに悩みはありますが、芸能界などに入りたいという夢がある場合には、許す範囲も大きくなるかもしれませんが、今の状態では、大きな整形は絶対反対です。
また、私がダメと思っているのは、刺青です。これもやってほしくないと思っています。しかし、娘は今はまだ、中学1年生で目の悩みだけを抱えていますが、将来はやっぱりたくさんの悩みを抱えるかもしれません。
でも、私の気持ちはしっかり伝えるつもりです。また、やってほしくないのは、豊胸手術です。手軽に注射でできるようになっていますが、やっぱり避けてほしいと思います。
プリ整形で悩みを解消することは良いと思っていますが、本格的な手術は避けてほしいです。最近では、化粧品などでも二重にする方法があるよとは本人に伝えています。
金額の問題ではなく、やっぱり、生まれて来てくれたままの顔で過ごしてほしいと感じるのが親の気持ちですよね。メイクなどをすることにより、女性って手軽に変身することが出来るので、整形よりもメイク術を学んでほしいと思っています。
整形なども当たり前の時代となっていますし、方法も進化しているので、害を及ぼすリスクは少なくなってきていますが、整形って依存症などになってしまうと聞いたことがあるので、簡単な方法で自分の理想を手に入れた後が怖いとも感じています。整形手術といっても脱毛ぐらいなら全然OKです→ラヴォーグの脱毛には騙されるな!知られざる盲点を大暴露!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です